クリエイティブワーク 納入事例

動画コンテンツ開発

動画コンテンツ開発業務の代表的な納入事例

動画コンテンツ開発においてすべてのキーとなる部分、それは脚本です。SVCでは、その脚本づくりを最大限に重視、社内のライターやクリエーターに担当させます。ブランドや製品イメージの象徴的な訴求も、もちろん行いますが、最も得意な領域は、ストーリー性の高いコンテンツです。会社案内ビデオ、製品説明ビデオと言った企業広報向けコンテンツはもちろん、ドラマ仕立てのショートムービー、ドキュメント作品等、マーケティング活動を効果的にサポートするスタイルを適材適所でご提案します。

スポーツ・エンターテイメント・ドキュメンタリー

"JUST SKI" powered by Salomon Free Ski

  • 発注主:アメア スポーツ ジャパン株式会社 サロモン事業部
  • 製作:株式会社スーパービュー・コム
  • 共同製作:SWITCH BACK ENTERTAINMENT(CANADA)
  • チーフプロデューサー:岡田聖子(SVC)
  • 脚本・演出・監督:Mike Douglas
  • 撮影・編集:SWITCH BACK ENTERTAINMENT(CANADA)
  • 国内ロケ協力:双葉社 "Bravo Ski" 編集部
  • DVDパッケージ企画制作:株式会社スーパービュー・コム
  • 時間:40分/製作年度:2008年

スキーギアメーカーによる新ジャンル競技普及と新プロダクト販促を目的としたドキュメント映画スタイルのプロモーションビデオ。日本国内での企画会議の段階から、フリースキーの黎明期から、滑走技術、イベント、用具までトータルにプロデュースしてきた名スキーヤーにして世界的なスポーツエージェントであるMike Douglas氏を招聘。製作は氏の撮影チームを中心に行われました。トップレベルの選手たちへの同行取材からストーリーを構成。カナダ、アメリカでのロケの他、外国籍選手や在カナダ製作クルーによる日本ロケツアーも実施。完成した作品はスキー関連イベントや販売店店頭での放映の他、DVDパッケージ化され、商品を予約・購入のエンドユーザーにプレミアムノベルティとしての配布も行いました。また、専門誌とのタイアップ企画により読者プレゼント企画にも活用しました。

新開発製品シミュレーション

Secure "Store Analytics"

  • 発注主:株式会社セキュア
  • 製作:株式会社スーパービュー・コム
  • 脚本・企画・監修:黒岩良修(SVC)
  • プロデューサー:斎藤久男(写真家・横浜市文化振興NPO代表)
  • チーフディレクター:田口香(SVC)
  • ロケーション協力:クラスカ本店(東京都目黒区)
  • キャスティング協力:有限会社ミニマリングスタジオ
  • 製品GUIデザイン:田口香(SVC)
  • 時間:10分/製作年度:2015年

監視カメラで撮影された映像を自動解析し、入店者の属性やフロア上での滞留、さらに、来店者個人単位での動線や陳列棚ごとでの行列等、あらゆるマーケティング情報を蓄積するシステムのプロモーションビデオを製作。時期的には製品化前の製作であるが、実際のロケ撮影現場を利用してのシステム自体の性能テストや、映像編集作業を通したところでは、システム提供時に付属するGUIのデザイン検証も行う等、まさに新製品システム開発と一体化したところで製作されました。

ラジオドラマ風フィクションストーリー

三菱重工「月面建築用人型重機※」開発計画

  • 発注主:三菱重工株式会社 人事部
  • 製作:株式会社スーパービュー・コム
  • 脚本&トータルコーディネイト:黒岩良修(SVC)
  • ディレクション・演出:榎戸大之(株式会社ブレイン)
  • 編集・効果・キャスティング:株式会社ブレイン
  • ロ時間:40分/製作年度:2005年

リクルートプロモーションビデオとしてプロデュース。人気アニメロボットキャラクターを活用し、同社がもしも「そのロボット」を作るとしたら、こういう流れになる…というストーリーを再現ドラマ風に脚本。同社の営業担当者、設計担当者、製造担当者、財務・法務担当者がそれぞれの立場でプロジェクトに参加し、ときに競合他社とのコンペ、ときに発注主からの仕様変更要求、ときに、海外技術ライセンス会社からの技術情報開示をめぐる折衝、さらには試運転中の想定外状況への対応等、現実にあるプロジェクトで発生する事案を絡めながら、無事納品するまでの過程を、エンターテイメントタッチで描写。

参考:当時の上映会イベントに際してのプレスリリース記事 >>こちら
注※:当作品上映時には、主題として使用したロボットキャラクター名称を使用

新製品告知テレビCM

Salomon Ski New Model Image

  • 発注主:アメア スポーツ ジャパン株式会社 サロモン事業部
  • 製作:株式会社スーパービュー・コム
  • プロデューサー:岡田聖子(SVC)
  • 企画・監修:黒岩良修(SVC)
  • ディレクション・演出:榎戸大之(株式会社ブレイン)
  • CG・編集:株式会社ブレイン
  • 選手パフォーマンス撮影:株式会社スキージャーナル(素材提供協力)
  • 時間:各バージョン15秒および30秒/製作年度:2008年

グローバルに展開するスポーツギアブランド「サロモン」の日本市場向けスキー用具新製品の発売告知CMをプロデュース。当時、国内最高レベルの同社契約選手のパフォーマンス映像を主題に、競技向けモデルにふさわしいソリッド感、没入感とともに、最新テクノロジーで設計された製品特性にフィットする未来感、サイバー感を創出。

新製品告知テレビCM

DoCoMo Nokia NM502 Series

  • 発注主:ノキアジャパン株式会社
  • 製作:株式会社スーパービュー・コム
  • 企画・監修:黒岩良修(SVC)
  • ディレクション:渡辺裕司(株式会社レイ)
  • 演出・CG・編集:株式会社レイ ショーテクニカルユニット(部署名当時)
  • 時間:各バージョン15秒および30秒/製作年度:2000年

日本市場向けオリジナル携帯電話端末の告知CM。当時、同社がタイトルスポンサーとして契約していたFISスノーボードワールドカップとのタイアップを兼ねたCM。当時話題のスライドカバー搭載を表現するための製品CGアニメ等も製作。

スポーツ中継テレビ番組

日本フリースキーオープン2007

  • 発注主:日本フリースキーオープン2007実行委員会
  • 代表アカウントディレクター:岡田聖子(SVC)
  • 撮影コーディネイト:アメア スポーツ ジャパン株式会社 サロモン事業部
  • 資料コーディネイト・監修協力:株式会社スーパービュー・コム
  • 製作:長野朝日放送
  • 放送:長野朝日放送、BS朝日、テレビ朝日放送網提携各局、他
  • 番組放映時間:60分/製作年度:2007年

当社でプロデュースした日本フリースキーオープン2007における、長野朝日放送様とのタイアップ企画。60分のスポーツダイジェスト番組として、同社を通して、テレビ朝日放送網各局で放送。

新システムプレゼンテーション

Secure -New“T-Recs”Series-

  • 発注主:株式会社セキュア
  • プロデューサー:黒岩良修(SVC)
  • 脚本・構成:黒岩良修(SVC)
  • 制作ディレクション:株式会社ブレイン
  • CG原画・CGパーツデザイン:株式会社スーパービュー・コム
  • キャスティング:株式会社スーパービュー・コム
  • ナレーター:大神田裕子(フリーランス/元福島放送アナウンサー)
  • 放映時間:8分/製作年度:2014年

コンベンションイベントでのステージプレゼンテーションやWEB媒体での放映を目的とした新製品紹介ビデオ。企画・構成・脚本を当社スタッフが執筆。新製品プレゼンテーションビデオの制作は、現在、当社の動画コンテンツ開発業務における主力サービスとなっています。

新プロダクト開発コンセプト紹介

The Blue Story

  • 発注主:アメア スポーツ ジャパン株式会社 サロモン事業部
  • プロデューサー:岡田聖子(SVC)
  • 脚本・構成:黒岩良修(SVC)
  • 制作ディレクション:株式会社ブレイン
  • 資料映像素材提供:株式会社スキージャーナル
  • 演出音楽:株式会社ブレイン
  • 放映時間:11分/製作年度:2009年

新製品発表イベントや記者発表でのオープニングメッセージビデオとして編集。後に、販売店店頭やWEB媒体等における販促ビデオとして活用されました。スキー競技専門誌であるスキージャーナル社はじめ、業界各社にストックされている資料映像の取材からはじまり、それまでの競技ジャンルのヒストリーを振り返りながら、新製品のコンセプトと将来への展開イメージを、具体的かつ印象的に語って行く企画・構成としています。

活動領域 02 クリエイティブワーク

INDEX(作品集)ページ
  1. 印刷メディア制作実例
  2. WEBサイト構築実例
  3. 動画コンテンツ開発実例